日常 殺 風景

ケータイ写真で綴る元似非丸の内OLで元労働組合役員で湘南っ子の日常雑記

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミア美術館の予約

来月、友人の結婚式への参加を兼ねて、イタリアに行く予定です。
式を挙げるのはフィレンツェ。
ということで、3度目のフィレンツェ。一緒に行く友達(花嫁の子も)は5回目か6回目です。
#どんだけ好きなんだ、フィレンツェ(笑)。
##そりゃ人生の一大イベントを決行する場所に選ぶくらいだから、推して知るべし?

で、もうウフィッツィ美術館も行ったし、パラティーナ美術館も行ったし…ということで、今回は本物のダヴィデ君に会いに行こう!ということになり、アカデミア美術館に行こうと画策中。
ガイドブックなどを見ると、ウフィッツィ同様、予約が賢明…ということなので、事前に日本で予約しようと調べたところ、いつもイタリア旅行の際にはちょいちょい参考にさせてもらっている AMO ITALIA のサイトに行き当たりました。

見ると有料と無料の予約代行サービスがあるとのこと。
有料サービスの方もさほど高い訳じゃないのでいいのですが、せっかく自分はblogを持ってるのでここはいっちょ無料予約代行サービスに挑戦!と思って、こうして記事を書いてる次第(笑)
(blogでサイトの感想記事を載せると無料予約代行サービスが受けられるそうなのです。)

こちらの AMO ITALIA さんは、イタリア全土の主な観光都市を紹介していてざっと知りたい時など大変重宝しているのですが、フィレンツェについては一番記事が充実しているようで、前々回のイタリア旅行(2008年1月)でフィレンツェに1週間滞在した時の夕食のお店も参考にさせてもらっていました(ということを、この記事を書きながら思い出した・苦笑)。
その時のblog記事がコチラ→2日目の夕食はネットでオススメのお店

今回はフィレンツェは3泊なので夕食の目途は立っているのですが、移動してオルヴィエートやチヴィタ・ディ・バノレージョへも行く予定なので、やっぱり AMO ITALIA さんの情報をこれからよく読み込んで観光や昼食の参考にさせてもらう予定です。
ローマ、ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィアといった都市はどこでも情報が手に入るけど、オルヴィエートやチヴィタの情報はなかなか得にくい。こーいうサイトの存在は大変助かりますね!
スポンサーサイト

トリュフ祭りでありワイン祭りであるような。

豚の丸焼き~♪
RIMG4192_convert_20121021194416.jpg
こーいうの「気持ち悪い!」とか全く思わず、「美味しそう~」と思えてしまうところが、食いしん坊なんだよね。と思う(苦笑)

で、その隣にあるのが…
RIMG4193_convert_20121021214726.jpg
赤ワインで回っている水車!!
さすが、イタリア!


こんな感じで町全体がお祭り騒ぎでした。

アルバの白トリュフ祭りは毎年10月~11月初めくらいの土日に開催されているようで、よく調べると阪神フレンドツアーとかJTBのちょっと高めのコアなツアーなんかだと、白トリュフ祭りに行くものもあるようです。
でも、まだまだ行ってる日本人はレアだと思いますよ。特に、うちらみたいに自力で列車のチケット取って行くような輩はw

縁日の景品は全てワインボトル(笑)

ルーレットみたいの。
RIMG4168_convert_20121021194006.jpg

これ、これ。これが輪投げ。ワインボトル輪投げw
RIMG4169_convert_20121021194031.jpg

ワインボトル釣り。
RIMG4173_convert_20121021194101.jpg

で、色々気になりながら参加したのはコレ↓
RIMG4175_convert_20121021194132.jpg
はい。うちら全員、元弓道部員なんで。
3ユーロでチャンスは5回(5本)だったかな?1人1本でトライしました。
で、見事(?)1人が風船に当てて、ワインボトル1本ゲット。面白かった!

どれも参加費は確か3ユーロで、景品は全てワインボトル。
さすがはワインの国です(笑)

楽しく街歩き♪

昔の格好がそこかしこに。

RIMG4153_convert_20121021191642.jpg

RIMG4157_convert_20121021191717.jpg

これは馬型の乗り物(?)に跨って弾むように動かすことで先にある風船を膨らますもの。一番に風船が割れた人が勝ち!ワインが貰えます。
RIMG4158_convert_20121021191752.jpg

RIMG4163_convert_20121021191814.jpg
り、リンゴ飴!?
ホント、日本の縁日みたい。そういえば、輪投げなんかもありましたねー。

RIMG4167_convert_20121021191836.jpg
肉。美味しそう…
さすがにお腹いっぱいで食べられず。。

(まだまだ続きます…)

町全体がお祭り

メイン会場を後にして外に出ると、出店だけでなく色んなイベントをやってました。
日本の縁日と同じですね(笑)

みんな中世の頃の格好をしているんです。これは、ワインボトルを釣り上げる遊び。
RIMG4139_convert_20121021191409.jpg

RIMG4140_convert_20121021191451.jpg
ピザなんかも焼いてたりして。

RIMG4147_convert_20121021191522.jpg
ワインなんかも色々あって。

RIMG4149_convert_20121021191548.jpg
ワインとピザ(?)でお腹を満たす。
いえ、会場でも食べましたけど、ちょっと少なかったですから。4人では。

こんな風に晴れ渡っていて、いい季節でした。
RIMG4150_convert_20121021191608.jpg

白トリュフを楽しむランチ♪

会場奥のエリアでは簡単な食事も提供してくれていて(勿論、有料ですよ)、とりあえず白トリュフを使ったメニューとして、トリュフをふんだんにスライスして振り掛けてくれるこの目玉焼き?みたいのを一つ。
RIMG4127_convert_20121021184818.jpg

RIMG4130_convert_20121021184840.jpg
あとは、タルタル(ユッケ?)に、これまた白トリュフのスライスを掛けるペンネパスタ、チーズの盛り合わせを赤ワインとともに。
昼からご機嫌、いい気分です。これぞ旅行の醍醐味ですな(笑)。

もうこの時期、日本じゃ生肉が食べられなくなっていたので、みんなタルタルに超盛り上がり(笑)。ただオリーブオイルをかけて食べるだけなのに、いやぁ、美味しかった。イタリア最高!!

RIMG4134_convert_20121021184908.jpg
せっかく白トリュフ祭りに来たのだから何かお土産を…と思って、このトリュフを使ったペーストを購入。白トリュフより黒トリュフの方が香りとか好みだったので、黒トリュフの方にしましたが。これで10ユーロくらい。結構な量があるし、やっぱり日本とは比較にならないくらい安い!(ハズ)

先ずはASTIで乾杯♪

です。

RIMG4116_convert_20121021182213.jpg
しっかり量、注いでくれます(笑)

会場は白トリュフだけでなく、ワインがあったり…
RIMG4118_convert_20121021182355.jpg

キノコがあったり…
RIMG4120_convert_20121021182418.jpg

そして、これが主役の白トリュフ♪
RIMG4124_convert_20121021182442.jpg
やっぱり宝石のように展示されています。…高いからね。

会場は賑わっていて、お祭り気分。いるだけで楽しくなります。

ヨーロッパじゃ有名な祭りなのか、イタリアだけでなく他の国からも来ているようでしたが、日本人はさすがに稀。でも私たちの他にも来ている日本人はいて、ツアー客1組とミラノ駐在の商社マンのグループに会いました。
商社マンは…やっぱりそれらしい人種でした(苦笑)。人当たりはいいんですが、やっぱエリート臭がぷんぷんと…と思うのは僻みなのか(汗)。少なくとも、うちの会社にはいないタイプ。
ま、それでも、イタリアの田舎町で日本人に会って日本語喋るというのは、なんか嬉しい。
それだけこのお祭りがすごい大きな祭りなんだ、ということですね。

とうとう着いたぞ、白トリュフ祭りメイン会場

RIMG4105_convert_20121021181807.jpg
白トリュフとかの生産者…の写真なのかな?
とりあえずここが入口。
…かどうかはよく分からないまま、人の流れに任せて入っていきましたよ。なんせ、イタリア語分かりませんからね(苦笑)

RIMG4106_convert_20121021181833.jpg
入場料(必須)の他、ワイン2杯飲めるチケット(追加)を購入して入場。
ワイン分を追加しても10ユーロ前後だった、確か。やっすい!
自分専用のワイングラスももらいます。

会場はこんな感じ。
RIMG4107_convert_20121021181859.jpg
ここも勿論、すごい人ごみです。

RIMG4114_convert_20121021181936.jpg
赤ワインとASTIのスプマンテが飲めるチケット。

RIMG4113_convert_20121021182137.jpg
会場奥のこのスペースでワインをもらいます。
チケットで飲めるワインは限定のいくつかなので、その他はその場でお金出して飲みます。

途中寄り道したりしながら

白トリュフ祭りが目的とはいえ、せっかくアルバの町に来たのだから観光も…ね。

という訳で、途中にあった教会にも入ってみたり。
RIMG4101_convert_20121021180312.jpg

RIMG4099_convert_20121021180401.jpg
小さな町の教会でも、大体素晴らしいんですよね。
異教徒から見るからなのか、やはりそこに歴史があるからなのか。

RIMG4102_convert_20121021180427.jpg
メイン会場が近づくとさらに人ごみの密集度が…(汗)
もはや“すし詰め状態”と言っても、過言ではない!!!!
肩を当てずにすれ違うのは無理!という状態です。

そしていよいよメイン会場の案内が。ここを曲がると…
RIMG4103_convert_20121021180453.jpg

アルバ白トリュフ祭りのメイン会場へ

メイン会場へ辿り着くまで大変です。お祭り騒ぎで楽しいのと、何より人ごみが。

メイン会場への道2
ちょうど中間くらいの町の広場で既にトリュフ…と、キノコ(フンギ)。メイン会場行かなくてもいいんじゃないか、ここら辺でお祭りを楽しめばいいんじゃないか?とかちょこっと思ったり(笑)

セグウェイ
私の憧れ乗り物!セグウェイ!!
おいくらだったのか、どのようにしたら乗らせてもらえるのか、分からなかったけど、乗りたかったなー(苦笑)

RIMG4094_convert_20121021172801.jpg
広場を曲がるとこの状態。
人・人・人…押し合いへし合い。…スリに遭いそうです。

で、お店の前にはこんな風にトリュフが沢山出てます。まさに宝石のような扱い。
RIMG4095_convert_20121021173056.jpg
これは…黒トリュフですね。

RIMG4096_convert_20121021173032.jpg
トリュフと、トリュフを使ったオリーブオイルとか練りこんだパスタとか。町はトリュフ一色ですよ!
プロフィール

さお

Author:さお
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。