FC2ブログ

日常 殺 風景

ケータイ写真で綴る元似非丸の内OLで元労働組合役員で湘南っ子の日常雑記

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで二次創作を読んでるような…


先日、『ガラスの仮面』47巻が出ていることを会社のSNSで知り(役に立つな~)、その日は何はさておき会社帰りに東京駅のオサレ本屋で購入。そのまま帰りの電車で一気読みして帰ったさおです。
家まで待つなんて出来まへん。

その『ガラスの仮面』47巻ですが、3/4くらいは続きが待ちきれず雑誌買って連載読んでたので、ストーリー展開はあらかた分かってました。
昔と違って(爆)、雑誌掲載からは多少の加筆修正(改稿)しかされておらず、でも雑誌掲載時にはお尻がムズムズしてなかなか読み返せなかった箇所が、改稿によってだいぶ受け入れやすくなっていて、とりあえずよかったです。

でもねぇ…
違和感あんだよねぇ。

あーいう展開はファンの妄想の産物のようで。どこかで見た(読んだ)ような既視感たっぷり。デジャヴュ?
速水さんとマヤの気持ちが通じ合うなんて展開、よもや原作で見ることがあろうとは…!(速水さん、水城さんに「婚約破棄」まで仄めかしちゃったよ!)

いや、ラストはそうであって欲しいけどさ、まだ紅天女の試演に向けた稽古中だし。大昔の作者に亡きものにされてる過去連載ストーリーじゃ、ずーっとすれ違いすれ違いだったじゃないですか。
いよいよ!と盛り上がった“ホテル・マリーン”だって、速水さんがホテルの部屋の扉開ける直前でシオリー(紫織)リスカ自殺未遂の知らせが入って(だったよね?あれ?何か他の記憶と混同してるか?)、邪魔されて。紫のばらの人としてマヤに告白して二人の想いが通じ合う…その直前まで話がいってのあの展開、だったというのに。
作者の中で何が変わっちゃったんだろう。

大昔の連載とは話は変わっても、基本、そーいう昭和なすれ違いドラマな部分は変わらないと思ってたんですけどねぇ…

ただ。そうは言っても、まだ安心は全く出来ないとも思うんですよね。
シオリー健在だし、早々簡単に婚約破棄の話が進む訳がない。ありえない。
それに何より、今二人の気持ちが通じ合ってるのって危ういところで、お互い二人を結ぶ一番重要なこと…つまり、紫のばらの人の正体…については、告白してないですからね。大事なことは口に出さずに何となくお互いの気持ちを感じているだけに過ぎない(というよりはちゃんと通じ合ってると思うけど、二人ともお互いのことになると最強の後ろ向き思考を発揮する人達なので…)ので、これから先シオリーのあらゆる邪魔や鷹宮家、速水会長の老獪な妨害にあえば、意外に脆く崩れる可能性ありそうです。
速水さんのお得意の思考パターンとして、「あの子(マヤ)を守るためにはこれしかないんだ…」とか言ってマヤのこと諦め(ようとす)るとか、容易に想像つくよ。というか、これもファンの二次創作で見たような展開だけど(汗)。

これから、『ガラスの仮面』はどこへ行くのか…
幻のストーリーを知る昔からのファンの思い描く展開とは全く異なる方向に行くのか…

いずれにしても、原作はファンの妄想の上を行ってくれないと。
いくら嬉しい展開でも、原作がファンの妄想化しちゃダメなんですよ。原作があってこそ、ファンは隙間を埋める妄想を作り上げるんだから。

※ ※ ※

草千里ケ浜で食べた牛乳ソフト。
なかなか濃厚でいて後味さっぱりで、暑い日差しの下、美味しかったです。

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

さお

Author:さお
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。